投稿

4月, 2024の投稿を表示しています

【図解】1964年(昭和39年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》

イメージ
1964年(昭和39年)の曜日 1964年(昭和39年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1964年(昭和39年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=水曜日 2月(29日)=土曜日 3月(31日)=日曜日 4月(30日)=水曜日 5月(31日)=金曜日 6月(30日)=月曜日 7月(31日)=水曜日 8月(31日)=土曜日 9月(30日)=火曜日 10月(31日)=木曜日 11月(30日)=日曜日 12月(31日)=火曜日 各月の日数と翌月の曜日 1964年(昭和39年)は、閏年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】1964年(昭和39年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》

イメージ
1964年(昭和39年)の曜日 1964年(昭和39年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1964年(昭和39年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=水曜日 2月(29日)=土曜日 3月(31日)=日曜日 4月(30日)=水曜日 5月(31日)=金曜日 6月(30日)=月曜日 7月(31日)=水曜日 8月(31日)=土曜日 9月(30日)=火曜日 10月(31日)=木曜日 11月(30日)=日曜日 12月(31日)=火曜日 各月の日数と翌月の曜日 1964年(昭和39年)は、閏年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】2006年(平成18年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜

イメージ
2006年(平成18年)生まれ 2006年(平成18年)生まれについて、暦の観点からまとめました。 下の図は、2006年(平成18年)1月1日〜12月31日にあたる「旧暦の月」を図解したものです。 内側から「暦の上の季節」「十二支」「グレゴリオ暦の12ヶ月(新暦・太陽暦)」「旧暦の月(太陰太陽暦)」「二十四節気」そして黄色の部分は「土用」を表しています。 以下の記事は、この図と照らし合わせながらお読みいただければ幸いです。 2006年(平成18年)の干支(えと) 2006年(平成18年)の干支(えと)は、一般的には戌年(いぬどし)とされています。 しかし本来の干支は、グレゴリオ暦の1月1日で切り替わるものではありません。 四柱推命や九星気学では、二十四節気の正節によって年や月が区切られています。 また、干支は年だけでなく月、日、時刻にも割り当てられています。 生まれた年月日時を干支で表したものは「四柱推命の命式」になります。 年の干支 2006年(平成18年)生まれの年干支は、以下の通りです。 1月1日〜2月3日(節分)生まれ=乙酉(きのと・とり) 2月4日(立春)〜12月31日生まれ=丙戌(ひのえ・いぬ) 四柱推命においては、立春から節分までが一つの干支で表されます。 ※冬至説など諸説あり 月の干支 2006年(平成18年)生まれの月干支は、以下の通りです。 1月1日〜1月4日生まれ=戊子(つちのえ・ね) 1月5日(小寒)〜2月3日(節分)生まれ=己丑(つちのと・うし) 2月4日(立春)〜3月5日生まれ=庚寅(かのえ・とら) 3月6日(啓蟄)〜4月4日生まれ=辛卯(かのと・う) 4月5日(清明)〜5月5日生まれ=壬辰(みずのえ・たつ) 5月6日(立夏)〜6月5日生まれ=癸巳(みずのと・み) 6月6日(芒種)〜7月6日生まれ=甲午(きのえ・うま) 7月7日(小暑)〜8月7日生まれ=乙未(きのと・ひつじ) 8月8日(立秋)〜9月7日生まれ=丙申(ひのえ・さる) 9月8日(白露)〜10月7日生まれ=丁酉(ひのと・とり) 10月8日(寒露)〜11月6日生まれ=戊戌(つちのえ・いぬ) 11月7日(立冬)〜12月6日生まれ=己亥(つちのと・い) 12月7日(大雪)〜12月31日生まれ=庚子(かのえ・ね) 四柱推命においては、二十四節気の正節から次の正節前日までが一つの干支で表

【図解】1963年(昭和38年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?

イメージ
1963年(昭和38年)の曜日 1963年(昭和38年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1963年(昭和38年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=火曜日 2月(28日)=金曜日 3月(31日)=金曜日 4月(30日)=月曜日 5月(31日)=水曜日 6月(30日)=土曜日 7月(31日)=月曜日 8月(31日)=木曜日 9月(30日)=日曜日 10月(31日)=火曜日 11月(30日)=金曜日 12月(31日)=日曜日 各月の日数と翌月の曜日 1963年(昭和38年)は、平年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】2005年(平成17年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜

イメージ
2005年(平成17年)生まれ 2005年(平成17年)生まれについて、暦の観点からまとめました。 下の図は、2005年(平成17年)1月1日〜12月31日にあたる「旧暦の月」を図解したものです。 内側から「暦の上の季節」「十二支」「グレゴリオ暦の12ヶ月(新暦・太陽暦)」「旧暦の月(太陰太陽暦)」「二十四節気」そして黄色の部分は「土用」を表しています。 以下の記事は、この図と照らし合わせながらお読みいただければ幸いです。 2005年(平成17年)の干支(えと) 2005年(平成17年)の干支(えと)は、一般的には酉年(とりどし)とされています。 しかし本来の干支は、グレゴリオ暦の1月1日で切り替わるものではありません。 四柱推命や九星気学では、二十四節気の正節によって年や月が区切られています。 また、干支は年だけでなく月、日、時刻にも割り当てられています。 生まれた年月日時を干支で表したものは「四柱推命の命式」になります。 年の干支 2005年(平成17年)生まれの年干支は、以下の通りです。 1月1日〜2月3日(節分)生まれ=甲申(きのえ・さる) 2月4日(立春)〜12月31日生まれ=乙酉(きのと・とり) 四柱推命においては、立春から節分までが一つの干支で表されます。 ※冬至説など諸説あり 月の干支 2005年(平成17年)生まれの月干支は、以下の通りです。 1月1日〜1月4日生まれ=丙子(ひのえ・ね) 1月5日(小寒)〜2月3日(節分)生まれ=丁丑(ひのと・うし) 2月4日(立春)〜3月4日生まれ=戊寅(つちのえ・とら) 3月5日(啓蟄)〜4月4日生まれ=己卯(つちのと・う) 4月5日(清明)〜5月4日生まれ=庚辰(かのえ・たつ) 5月5日(立夏)〜6月4日生まれ=辛巳(かのと・み) 6月5日(芒種)〜7月6日生まれ=壬午(みずのえ・うま) 7月7日(小暑)〜8月6日生まれ=癸未(みずのと・ひつじ) 8月7日(立秋)〜9月6日生まれ=甲申(きのえ・さる) 9月7日(白露)〜10月7日生まれ=乙酉(きのと・とり) 10月8日(寒露)〜11月6日生まれ=丙戌(ひのえ・いぬ) 11月7日(立冬)〜12月6日生まれ=丁亥(ひのと・い) 12月7日(大雪)〜12月31日生まれ=戊子(つちのえ・ね) 四柱推命においては、二十四節気の正節から次の正節前日までが一つの干支で表さ

【図解】1962年(昭和37年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?

イメージ
1962年(昭和37年)の曜日 1962年(昭和37年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1962年(昭和37年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=月曜日 2月(28日)=木曜日 3月(31日)=木曜日 4月(30日)=日曜日 5月(31日)=火曜日 6月(30日)=金曜日 7月(31日)=日曜日 8月(31日)=水曜日 9月(30日)=土曜日 10月(31日)=月曜日 11月(30日)=木曜日 12月(31日)=土曜日 各月の日数と翌月の曜日 1962年(昭和37年)は、平年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】2004年(平成16年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜

イメージ
2004年(平成16年)生まれ 2004年(平成16年)生まれについて、暦の観点からまとめました。 下の図は、2004年(平成16年)1月1日〜12月31日にあたる「旧暦の月」を図解したものです。 内側から「暦の上の季節」「十二支」「グレゴリオ暦の12ヶ月(新暦・太陽暦)」「旧暦の月(太陰太陽暦)」「二十四節気」そして黄色の部分は「土用」を表しています。 以下の記事は、この図と照らし合わせながらお読みいただければ幸いです。 2004年(平成16年)の干支(えと) 2004年(平成16年)の干支(えと)は、一般的には申年(さるどし)とされています。 しかし本来の干支は、グレゴリオ暦の1月1日で切り替わるものではありません。 四柱推命や九星気学では、二十四節気の正節によって年や月が区切られています。 また、干支は年だけでなく月、日、時刻にも割り当てられています。 生まれた年月日時を干支で表したものは「四柱推命の命式」になります。 年の干支 2004年(平成16年)生まれの年干支は、以下の通りです。 1月1日〜2月3日(節分)生まれ=癸未(みずのと・ひつじ) 2月4日(立春)〜12月31日生まれ=甲申(きのえ・さる) 四柱推命においては、立春から節分までが一つの干支で表されます。 ※冬至説など諸説あり 月の干支 2004年(平成16年)生まれの月干支は、以下の通りです。 1月1日〜1月5日生まれ=甲子(きのえ・ね) 1月6日(小寒)〜2月3日(節分)生まれ=乙丑(きのと・うし) 2月4日(立春)〜3月4日生まれ=丙寅(ひのえ・とら) 3月5日(啓蟄)〜4月3日生まれ=丁卯(ひのと・う) 4月4日(清明)〜5月4日生まれ=戊辰(つちのえ・たつ) 5月5日(立夏)〜6月4日生まれ=己巳(つちのと・み) 6月5日(芒種)〜7月6日生まれ=庚午(かのえ・うま) 7月7日(小暑)〜8月6日生まれ=辛未(かのと・ひつじ) 8月7日(立秋)〜9月6日生まれ=壬申(みずのえ・さる) 9月7日(白露)〜10月7日生まれ=癸酉(みずのと・とり) 10月8日(寒露)〜11月6日生まれ=甲戌(きのえ・いぬ) 11月7日(立冬)〜12月6日生まれ=乙亥(きのと・い) 12月7日(大雪)〜12月31日生まれ=丙子(ひのえ・ね) 四柱推命においては、二十四節気の正節から次の正節前日までが一つの干支で表

【図解】1961年(昭和36年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?

イメージ
1961年(昭和36年)の曜日 1961年(昭和36年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1961年(昭和36年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=日曜日 2月(28日)=水曜日 3月(31日)=水曜日 4月(30日)=土曜日 5月(31日)=月曜日 6月(30日)=木曜日 7月(31日)=土曜日 8月(31日)=火曜日 9月(30日)=金曜日 10月(31日)=日曜日 11月(30日)=水曜日 12月(31日)=金曜日 各月の日数と翌月の曜日 1961年(昭和36年)は、平年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】曜日の順序の一説「プラネタリー・アワー」とは?

イメージ
曜日の順序 週の起点は、一般的には月曜日または日曜日、国によってはその他の曜日である場合もありますが、いずれにしても曜日が現在のような「月火水木金土日…」という順序で繰り返されるようになった起源は不明とされています。 ただ、一説にはカルディアンオーダーとプラネタリーアワーによって説明できるとも言われています。 今回は、プラネタリーアワーを図解してみました。 下の図は、土曜日の日の出の直後に「土星の時間」が始まり、次いで「木星の時間」→「火星の時間」→「太陽の時間」→「金星の時間」→「水星の時間」→「月の時間」のようにカルディアンオーダーの順に従って24の時間帯に配置されたプラネタリーアワーを表しています。 このようにしていくと翌日の日の出直後は「太陽の時間」なので日曜日、その翌日の日の出直後は「月の時間」なので月曜日ということになります。 現在の曜日の順序は、このようにして得ることができるということです。 カルディアンオーダー 天動説の時代には、5つの惑星(水星、金星、火星、木星、土星)と太陽と月を合わせた7つの天体を『惑星』と呼んでいました。 一週間が7日である理由は、この7つの惑星に由来すると言われています。 この7つの惑星は、天動説の概念図では地球から遠い順に「土星→木星→火星→太陽→金星→水星→月」と並ぶことになります。 このように並べられた順序のことを「カルディアン・オーダー」と言います。 1年を12ヶ月としたのは天文学に詳しいカルデア人(バビロニア人)と言われており、カレンダーの語源にも関係しています。 曜日はバビロニア説が有力ではありますが、とても古いものなので確かな起源は不明とされています。 プラネタリーアワー プラネタリーアワー(惑星時間)とは、カルディアンオーダーに従って7つの惑星(土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月)が順に司るとされる24の時間帯のことです。 1つの惑星が司る範囲は約1時間となりますが、その範囲は日の出から日没までの昼の時間帯と日没から日の出までの夜の時間帯をそれぞれ12分割する不定時法に基づいて決められます。 不定時法では、季節によって昼と夜の長さは不均等であり場所によっても日の出と日の入り(日没)の時刻は異なります。 そのため、正確なプラネタリーアワーを割り出すのは少し大変ですが、冒頭の図をおおよその目安として参考にして

【図解】1960年(昭和35年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》

イメージ
1960年(昭和35年)の曜日 1960年(昭和35年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1960年(昭和35年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=金曜日 2月(29日)=月曜日 3月(31日)=火曜日 4月(30日)=金曜日 5月(31日)=日曜日 6月(30日)=水曜日 7月(31日)=金曜日 8月(31日)=月曜日 9月(30日)=木曜日 10月(31日)=土曜日 11月(30日)=火曜日 12月(31日)=木曜日 各月の日数と翌月の曜日 1960年(昭和35年)は、閏年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】曜日の順序|七曜とは?曜日が日本に伝わったのはいつ?

イメージ
七曜 七曜とは、太陽と月と5つの惑星(水星・金星・火星・木星・土星)を合わせたものであり、七曜星とも言います。 日本では、一週間を「月曜日・火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日・日曜日」という名称で表しますが、この曜日は七曜が基になっています。 下の図は、カルディアンオーダーに従って左下から円形に土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月という順序で各天体を並べた図です。 図のように、7つの点を星型に結んでいくと現在の曜日の順序になります。 曜日の順序 曜日が現在のような順序になった経緯は不明とされていますが、一説にはプラネタリーアワーという概念によって説明することができると言われています。 詳しくは以下の記事をご覧ください。 【図解】曜日の順序の一説「プラネタリー・アワー」とは? 曜日が日本へ伝わったのはいつ? 曜日が日本へ伝わったのは平安時代であり、弘法大師空海らが唐から持ち帰った宿曜経(文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経)によってもたらされたと言われています。 宿曜経が伝えられてまもなく具注暦に曜日が記載されるようになりましたが、大衆の間で曜日が一般的になったのは、明治の改暦で太陰太陽暦(天保暦)からグレゴリオ暦に変わってからです。 宿曜経には占星術の一種が含まれており、これが現在人気の占いの一つである宿曜占星術となっています。 密教系の占星術では七曜に羅睺と計都を加えた九曜も用いられます。 羅睺(ラーフ)と計都(ケートゥ)は月の交点であり日食や月食に関係します。 インド占星術でもこの9つの天体を神格化した九曜が用いられています。 一週間の歌《ロシア民謡》 ロシア民謡の「一週間」を久しぶりに聴きました。 誰もが一度は聴いたことのある曲ではないでしょうか。 ロシアの哀愁漂う曲調が懐かしいですね。 関連記事 【図解】生まれ日の曜日がわかる!あなたは何曜日生まれ?《リンク集》 あなたの生まれ年の暦|新暦と旧暦の対応《リンク集》 このブログでは、暦と占いに関する記事を投稿しています。 ご興味のある方は、記事下のラベルまたはサイドバーのリンク等から関連記事をご覧いただければ幸いです。 すべての記事は こちら です。 最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。 今日も良い一日をお過ごしください。

【図解】1959年(昭和34年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?

イメージ
1959年(昭和34年)の曜日 1959年(昭和34年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1959年(昭和34年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=木曜日 2月(28日)=日曜日 3月(31日)=日曜日 4月(30日)=水曜日 5月(31日)=金曜日 6月(30日)=月曜日 7月(31日)=水曜日 8月(31日)=土曜日 9月(30日)=火曜日 10月(31日)=木曜日 11月(30日)=日曜日 12月(31日)=火曜日 各月の日数と翌月の曜日 1959年(昭和34年)は、平年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】生まれ日の曜日がわかる!あなたは何曜日生まれ?《リンク集》

生まれ日の曜日 あなたはご自分の生まれた日の曜日をご存知ですか? 以下の記事では、各年ごとに各月の第1日の曜日を図解とともに記載しています。 「生まれた日の曜日を知りたい」という方は、よかったら参考にしてください。 1940年代 【図解】1940年(昭和15年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》 【図解】1941年(昭和16年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1942年(昭和17年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1943年(昭和18年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1944年(昭和19年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》 【図解】1945年(昭和20年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1946年(昭和21年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1947年(昭和22年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1948年(昭和23年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》 【図解】1949年(昭和24年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 1950年代 【図解】1950年(昭和25年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1951年(昭和26年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1952年(昭和27年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》 【図解】1953年(昭和28年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1954年(昭和29年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1955年(昭和30年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1956年(昭和31年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》 【図解】1957年(昭和32年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1958年(昭和33年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1959年(昭和34年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 1960年代 【図解】1960年(昭和35年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》 【図解】1961年(昭和36年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1962年(昭和37年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1963年(昭和38年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1964年(昭和39年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》 【図解】1965年(昭和40年)の曜日|あなたは何曜日生まれ? 【図解】1966年(昭

【図解】2003年(平成15年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜

イメージ
2003年(平成15年)生まれ 2003年(平成15年)生まれについて、暦の観点からまとめました。 下の図は、2003年(平成15年)1月1日〜12月31日にあたる「旧暦の月」を図解したものです。 内側から「暦の上の季節」「十二支」「グレゴリオ暦の12ヶ月(新暦・太陽暦)」「旧暦の月(太陰太陽暦)」「二十四節気」そして黄色の部分は「土用」を表しています。 以下の記事は、この図と照らし合わせながらお読みいただければ幸いです。 2003年(平成15年)の干支(えと) 2003年(平成15年)の干支(えと)は、一般的には未年(ひつじどし)とされています。 しかし本来の干支は、グレゴリオ暦の1月1日で切り替わるものではありません。 四柱推命や九星気学では、二十四節気の正節によって年や月が区切られています。 また、干支は年だけでなく月、日、時刻にも割り当てられています。 生まれた年月日時を干支で表したものは「四柱推命の命式」になります。 年の干支 2003年(平成15年)生まれの年干支は、以下の通りです。 1月1日〜2月3日(節分)生まれ=壬午(みずのえ・うま) 2月4日(立春)〜12月31日生まれ=癸未(みずのと・ひつじ) 四柱推命においては、立春から節分までが一つの干支で表されます。 ※冬至説など諸説あり 月の干支 2003年(平成15年)生まれの月干支は、以下の通りです。 1月1日〜1月5日生まれ=壬子(みずのえ・ね) 1月6日(小寒)〜2月3日(節分)生まれ=癸丑(みずのと・うし) 2月4日(立春)〜3月5日生まれ=甲寅(きのえ・とら) 3月6日(啓蟄)〜4月4日生まれ=乙卯(きのと・う) 4月5日(清明)〜5月5日生まれ=丙辰(ひのえ・たつ) 5月6日(立夏)〜6月5日生まれ=丁巳(ひのと・み) 6月6日(芒種)〜7月6日生まれ=戊午(つちのえ・うま) 7月7日(小暑)〜8月7日生まれ=己未(つちのと・ひつじ) 8月8日(立秋)〜9月7日生まれ=庚申(かのえ・さる) 9月8日(白露)〜10月8日生まれ=辛酉(かのと・とり) 10月9日(寒露)〜11月7日生まれ=壬戌(みずのえ・いぬ) 11月8日(立冬)〜12月6日生まれ=癸亥(みずのと・い) 12月7日(大雪)〜12月31日生まれ=甲子(きのえ・ね) 四柱推命においては、二十四節気の正節から次の正節前日までが一つの

【図解】1958年(昭和33年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?

イメージ
1958年(昭和33年)の曜日 1958年(昭和33年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1958年(昭和33年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=水曜日 2月(28日)=土曜日 3月(31日)=土曜日 4月(30日)=火曜日 5月(31日)=木曜日 6月(30日)=日曜日 7月(31日)=火曜日 8月(31日)=金曜日 9月(30日)=月曜日 10月(31日)=水曜日 11月(30日)=土曜日 12月(31日)=月曜日 各月の日数と翌月の曜日 1958年(昭和33年)は、平年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】2002年(平成14年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜

イメージ
2002年(平成14年)生まれ 2002年(平成14年)生まれについて、暦の観点からまとめました。 下の図は、2002年(平成14年)1月1日〜12月31日にあたる「旧暦の月」を図解したものです。 内側から「暦の上の季節」「十二支」「グレゴリオ暦の12ヶ月(新暦・太陽暦)」「旧暦の月(太陰太陽暦)」「二十四節気」そして黄色の部分は「土用」を表しています。 以下の記事は、この図と照らし合わせながらお読みいただければ幸いです。 2002年(平成14年)の干支(えと) 2002年(平成14年)の干支(えと)は、一般的には午年(うまどし)とされています。 しかし本来の干支は、グレゴリオ暦の1月1日で切り替わるものではありません。 四柱推命や九星気学では、二十四節気の正節によって年や月が区切られています。 また、干支は年だけでなく月、日、時刻にも割り当てられています。 生まれた年月日時を干支で表したものは「四柱推命の命式」になります。 年の干支 2002年(平成14年)生まれの年干支は、以下の通りです。 1月1日〜2月3日(節分)生まれ=辛巳(かのと・み) 2月4日(立春)〜12月31日生まれ=壬午(みずのえ・うま) 四柱推命においては、立春から節分までが一つの干支で表されます。 ※冬至説など諸説あり 月の干支 2002年(平成14年)生まれの月干支は、以下の通りです。 1月1日〜1月4日生まれ=庚子(かのえ・ね) 1月5日(小寒)〜2月3日(節分)生まれ=辛丑(かのと・うし) 2月4日(立春)〜3月5日生まれ=壬寅(みずのえ・とら) 3月6日(啓蟄)〜4月4日生まれ=癸卯(みずのと・う) 4月5日(清明)〜5月5日生まれ=甲辰(きのえ・たつ) 5月6日(立夏)〜6月5日生まれ=乙巳(きのと・み) 6月6日(芒種)〜7月6日生まれ=丙午(ひのえ・うま) 7月7日(小暑)〜8月7日生まれ=丁未(ひのと・ひつじ) 8月8日(立秋)〜9月7日生まれ=戊申(つちのえ・さる) 9月8日(白露)〜10月7日生まれ=己酉(つちのと・とり) 10月8日(寒露)〜11月6日生まれ=庚戌(かのえ・いぬ) 11月7日(立冬)〜12月6日生まれ=辛亥(かのと・い) 12月7日(大雪)〜12月31日生まれ=壬子(みずのえ・ね) 四柱推命においては、二十四節気の正節から次の正節前日までが一つの干支で表さ

【図解】1957年(昭和32年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?

イメージ
1957年(昭和32年)の曜日 1957年(昭和32年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1957年(昭和32年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=火曜日 2月(28日)=金曜日 3月(31日)=金曜日 4月(30日)=月曜日 5月(31日)=水曜日 6月(30日)=土曜日 7月(31日)=月曜日 8月(31日)=木曜日 9月(30日)=日曜日 10月(31日)=火曜日 11月(30日)=金曜日 12月(31日)=日曜日 各月の日数と翌月の曜日 1957年(昭和32年)は、平年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二

【図解】2001年(平成13年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜

イメージ
2001年(平成13年)生まれ 2001年(平成13年)生まれについて、暦の観点からまとめました。 下の図は、2001年(平成13年)1月1日〜12月31日にあたる「旧暦の月」を図解したものです。 内側から「暦の上の季節」「十二支」「グレゴリオ暦の12ヶ月(新暦・太陽暦)」「旧暦の月(太陰太陽暦)」「二十四節気」そして黄色の部分は「土用」を表しています。 以下の記事は、この図と照らし合わせながらお読みいただければ幸いです。 2001年(平成13年)の干支(えと) 2001年(平成13年)の干支(えと)は、一般的には巳年(みどし)とされています。 しかし本来の干支は、グレゴリオ暦の1月1日で切り替わるものではありません。 四柱推命や九星気学では、二十四節気の正節によって年や月が区切られています。 また、干支は年だけでなく月、日、時刻にも割り当てられています。 生まれた年月日時を干支で表したものは「四柱推命の命式」になります。 年の干支 2001年(平成13年)生まれの年干支は、以下の通りです。 1月1日〜2月3日(節分)生まれ=庚辰(かのえ・たつ) 2月4日(立春)〜12月31日生まれ=辛巳(かのと・み) 四柱推命においては、立春から節分までが一つの干支で表されます。 ※冬至説など諸説あり 月の干支 2001年(平成13年)生まれの月干支は、以下の通りです。 1月1日〜1月4日生まれ=戊子(つちのえ・ね) 1月5日(小寒)〜2月3日(節分)生まれ=己丑(つちのと・うし) 2月4日(立春)〜3月4日生まれ=庚寅(かのえ・とら) 3月5日(啓蟄)〜4月4日生まれ=辛卯(かのと・う) 4月5日(清明)〜5月4日生まれ=壬辰(みずのえ・たつ) 5月5日(立夏)〜6月4日生まれ=癸巳(みずのと・み) 6月5日(芒種)〜7月6日生まれ=甲午(きのえ・うま) 7月7日(小暑)〜8月6日生まれ=乙未(きのと・ひつじ) 8月7日(立秋)〜9月6日生まれ=丙申(ひのえ・さる) 9月7日(白露)〜10月7日生まれ=丁酉(ひのと・とり) 10月8日(寒露)〜11月6日生まれ=戊戌(つちのえ・いぬ) 11月7日(立冬)〜12月6日生まれ=己亥(つちのと・い) 12月7日(大雪)〜12月31日生まれ=庚子(かのえ・ね) 四柱推命においては、二十四節気の正節から次の正節前日までが一つの干支で表され

【図解】1956年(昭和31年)の曜日|あなたは何曜日生まれ?《閏年》

イメージ
1956年(昭和31年)の曜日 1956年(昭和31年)の1月〜12月の「第1日の曜日」と「各月の日数」を図解しました。 下の図は、内側から「暦の上の季節」「月の十二支(節月)」「グレゴリオ暦(新暦)の各月」「各月の第1日の曜日」「各月の日数」「二十四節気」を表しています。 生まれ月の第1日の曜日から生まれ日の曜日を調べてみてください。 あなたは何曜日生まれ? 1956年(昭和31年)の各月の第1日の曜日は、以下の通りです。 1月(31日)=日曜日 2月(29日)=水曜日 3月(31日)=木曜日 4月(30日)=日曜日 5月(31日)=火曜日 6月(30日)=金曜日 7月(31日)=日曜日 8月(31日)=水曜日 9月(30日)=土曜日 10月(31日)=月曜日 11月(30日)=木曜日 12月(31日)=土曜日 各月の日数と翌月の曜日 1956年(昭和31年)は、閏年です。 グレゴリオ暦の各月の日数は、以下の通りです。 平年の2月=28日 閏年の2月=29日 4月、6月、9月、11月=30日 1月、3月、5月、7月、8月、10月、12月=31日 曜日は7日周期で巡ります。 したがって、各月の第1日と翌月の第1日の曜日の関係は、以下のようになります。 平年の2月の日数は28日なので、翌月は同じ曜日から始まります。 閏年の2月の日数は29日なので、翌月は1つ先の曜日から始まります。 4,6,9,11月の日数は30日なので、翌月は2つ先の曜日から始まります。 1,3,5,7,8,10,12月の日数は31日なので、翌月は3つ先の曜日から始まります。 【図解】西向く侍(二四六九士)|グレゴリオ暦の「小の月」の覚え方 宿曜占星術と曜日 宿曜占星術は、生まれた日の曜日も重視する占いです。 生まれた日の曜日からは、以下のことがわかります。 七曜凌逼(凌犯期間)生まれかどうか 【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》 甘露日生まれかどうか 金剛峯日生まれかどうか 羅刹日生まれかどうか 宿曜「二十七宿」と「二十八宿」の違い《暦のしくみ》リンク集 宿曜占星術にご興味のある方は、よかったら調べてみてください。 二十八宿 さらに、生まれ日の曜日と生まれ日の十二支によって、二十八宿がわかります。 【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは? 生まれ日の十二