投稿

10月, 2023の投稿を表示しています

【図解】時刻と二十四節気と十二支の関係とは?

イメージ
時刻と二十四節気 一日における 24時間 と一年における 二十四節気 と十二支の関係をまとめました。 一年の 12ヶ月 や一日の 12刻 は、 十二支 によって表されます。 十二支は十干と組み合わされ六十干支となり年月日時を表す記号として古代から暦法に用いられてきました。 また、十二支は「子は北・卯は東・午は南・酉は西」というように方角にも用いられます。 そして、十二支にはそれぞれ植物の成長過程を表すという概念もあります。 四柱推命や算命学においては、このようなことを捉えておくことはとても大切です。 時刻と二十四節気 十二支上でそれぞれ同じところに位置する時刻と二十四節気は、以下の通りです。 「0時」は子刻の真ん中 「冬至」は子月の真ん中 「1時」は丑刻のはじまり 「小寒」は丑月のはじまり 「2時」は丑刻の真ん中 「大寒」は丑月の真ん中 「3時」は寅刻のはじまり 「立春」は寅月のはじまり 「4時」は寅刻の真ん中 「雨水」は寅月の真ん中 「5時」は卯刻のはじまり 「啓蟄」は卯月のはじまり 「6時」は卯刻の真ん中 「春分」は卯月の真ん中 「7時」は辰刻のはじまり 「清明」は辰月のはじまり 「8時」は辰刻の真ん中 「穀雨」は辰月の真ん中 「9時」は巳刻のはじまり 「立夏」は巳月のはじまり 「10時」は巳刻の真ん中 「小満」は巳月の真ん中 「11時」は午刻のはじまり 「芒種」は午月のはじまり 「12時」は午刻の真ん中 「夏至」は午月の真ん中 「13時」は未刻のはじまり 「小暑」は未月のはじまり 「14時」は未刻の真ん中 「大暑」は未月の真ん中 「15時」は申刻のはじまり 「立秋」は申月のはじまり 「16時」は申刻の真ん中 「処暑」は申月の真ん中 「17時」は酉刻のはじまり 「白露」は酉月のはじまり 「18時」は酉刻の真ん中 「秋分」は酉月の真ん中 「19時」は戌刻のはじまり 「寒露」は戌月のはじまり 「20時」は戌刻の真ん中 「霜降」は戌月の真ん中 「21時」は亥刻のはじまり 「立冬」は亥月のはじまり 「22時」は亥刻の真ん中 「小雪」は亥月の真ん中 「23時」は子刻のはじまり 「大雪」は子月のはじまり ✓ 関連記事 それぞれの時刻と二十四節気についてさらに詳しくまとめた記事の一覧です。 よかったら合わせてご覧ください。 ▶ 【図解】正子と二十四節気「冬至」は、子の真ん中

【図解】季節の目安|二十四節気の日付はいつ?

イメージ
二十四節気と季節 二十四節気は、一年を太陽黄経によって24等分したそれぞれの位置に季節を表す名を付けたもので、古代中国(紀元前4世紀頃)で作られ後に日本に伝来しました。 季節の移ろいは、太陽と地球の位置関係によって生じます。 現行の暦(グレゴリオ暦)は太陽暦のため、二十四節気の日付は毎年ほぼ同じになります。 二十四節気の「二至二分」と「四立」を始め、二十四節気すべての日付をおさらいしてみましょう。 四季の真ん中「二至二分」 「冬至、夏至、春分、秋分」のことを「二至二分」と言います。 それぞれが季節の真ん中を指しています。 一年で最も太陽が高くなるのが夏至、低くなるのが冬至、その中間が春分と秋分です。 グレゴリオ暦におけるおおよその日付は以下の通りです。 春分:3月21日頃 夏至:6月21日頃 秋分:9月23日頃 冬至:12月22日頃 四季のはじまり「四立」 四立とは、「立春、立夏、立秋、立冬」のことで、季節のはじまり(変わり目)を指しています。 グレゴリオ暦におけるおおよその日付は以下の通りです。 立春:2月4日頃 立夏:5月5日頃 立秋:8月7日頃 立冬:11月7日頃 四立と二至二分を合わせて「八節」といいます。 ちなみに、二十四節気をさらに3等分し約5日間ずつの各候にさらに詳しい季節を表す名称を付けたのものを七十二候と言います。 二十四節気の日付 二十四節気自体が太陽暦とも言えるので、太陽暦であるグレゴリオ暦と対応すると日付はほぼ毎年同じですが年によって若干異なります。 おおよその日付は以下の通りです。 立春:2月4日頃 雨水:2月19日頃 啓蟄:3月5日頃 春分:3月21日頃 清明:4月5日頃 穀雨:4月20日頃 立夏:5月5日頃 小満:5月21日頃 芒種:6月6日頃 夏至:6月21日頃 小暑:7月7日頃 大暑:7月23日頃 立秋:8月7日頃 処暑:8月23日頃 白露:9月8日頃 秋分:9月23日頃 寒露:10月8日頃 霜降:10月23日頃 立冬:11月7日頃 小雪:11月22日頃 大雪:12月7日頃 冬至:12月22日頃 小寒:1月6日頃 大寒:1月21日頃 ちなみに、二十四節気は「12の正節」と「12の中気」で構成されています。 二至二分である「春分、夏至、秋分、冬至」は二十四節気の「中気」で、四立である「立春、立夏、立秋、立冬」は「正節」です。 参考:

【図解】二十四節気の「正節」と「中気」とは?

イメージ
二十四節気の「正節」と「中気」 二十四節気は、「12の正節」と「12の中気」で構成されています。 正節とは、「大雪、小寒、立春、啓蟄、清明、立夏、芒種、小暑、立秋、白露、寒露、立冬」です。 中気とは、「冬至、大寒、雨水、春分、穀雨、小満、夏至、大暑、処暑、秋分、霜降、小雪」です。 干支暦におけるひと月は、「正節から次の正節前日まで」を指します。 図で表すと以下の通りです。 各月の範囲 二十四節気の正節で区切られた12の範囲は、干支暦における12ヶ月にあたり 十二支 で表されます。 「立春」から啓蟄前日までは「寅月」 「啓蟄」から清明前日までは「卯月」 「清明」から立夏前日までは「辰月」 「立夏」から芒種前日までは「巳月」 「芒種」から小暑前日までは「午月」 「小暑」から立秋前日までは「未月」 「立秋」から白露前日までは「申月」 「白露」から寒露前日までは「酉月」 「寒露」から立冬前日までは「戌月」 「立冬」から大雪前日までは「亥月」 「大雪」から小寒前日までは「子月」 「小寒」から立春前日までは「丑月」 各月の正節と中気 各月には、「正節」と「中気」が一つずつ含まれています。 寅月の正節は「立春」、中気は「雨水」 卯月の正節は「啓蟄」、中気は「春分」 辰月の正節は「清明」、中気は「穀雨」 巳月の正節は「立夏」、中気は「小満」 午月の正節は「芒種」、中気は「夏至」 未月の正節は「小暑」、中気は「大暑」 申月の正節は「立秋」、中気は「処暑」 酉月の正節は「白露」、中気は「秋分」 戌月の正節は「寒露」、中気は「霜降」 亥月の正節は「立冬」、中気は「小雪」 子月の正節は「大雪」、中気は「冬至」 丑月の正節は「小寒」、中気は「大寒」 干支暦とは 12ヶ月は 十二支 で表されると述べましたが、正確に は 干支 で表されています。 干支とは 十干十二支 のことで、十干と十二支のそれぞれ陰陽を同じくするもの同士を組み合わせたものです。 全部で60通りあるため「 六十干支 」ともいいます。 六十干支は、60年、60ヶ月、60日、60刻ごと巡っており、古代から連綿と繰り返されてきたと言われています。 このように六十干支によって年月日時を表す暦が「 干支暦 」です。 干支暦は、四柱推命や算命学など多くの東洋系の占いにとってはなくてはならない暦です。 ✓ 関連記事 ▶ 【図解】正子と二十四