【図解】年齢の数え方「満年齢」と「数え年」|歳をとるのはいつ?

年齢の数え方

年齢の数え方には、大きく分けると「満年齢」と「数え年」があります。

日本では一般的に「満年齢」が使われており、「数え年」は厄年や七五三、賀の祝い、享年の数え方など、特別な場合に使われています。


満年齢

満年齢とは、生まれた日を0歳としてその後一年間を満了する度に1歳ずつ増える数え方です。

「何歳ですか?」と聞かれたら現時点での年齢を答えると思いますが、通常はそれが「満年齢」です。

満年齢は、一部の国を除いて国際的にも一般的な年齢の数え方です。

満年齢:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


ただし、満年齢は法律上では誕生日の前日に年齢が加算されます。

生まれた日から一年間が満了するのは、翌年の誕生日の前日という考え方からです。

ちょっと違和感があるかもしれませんが、こちらの記事がとてもわかりやすく説明してくださっていますので、是非ご覧ください。


数え年

一方、「数え年」とは、生まれた時点を1歳として年明けの元日に1歳を加える数え方です。

例えば、今年既に誕生日を迎えている人は、現時点の年齢(満年齢)に1歳をプラスした年齢が数え年になります。

今年まだ誕生日を迎えていない人は、現時点の年齢(満年齢)に2歳をプラスした年齢が数え年になります。

数え年:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

数え年は以下のような特別な場合に用いられる数え方です。


七五三

七五三は、子供の健やかな成長を祈願して行われる日本の年中行事です。

最近では満年齢で祝われることもあるそうですが、本来は「数え年」の3歳、5歳、7歳の年に行われてきた伝統的な行事です。

七五三:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


賀の祝い

古稀(70歳)や喜寿(77歳)、米寿(88歳)、白寿(99歳)などの賀の祝いも、本来は「数え年」で行われてきました。

こちらも現在では満年齢で祝われていることも多いようです。

ただし、還暦だけは「生まれた年と同じ干支に還る」という意味があるので、満年齢の60歳、または数え年の61歳の年に祝われています。

賀の祝い:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


厄年

厄年は今でも「数え年」とされていますね。

満年齢を使うことはほとんどないと思います。

厄年:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


享年

享年の数え方も「数え年」を使うのが慣習となっています。

また、年回忌の数え方も数え年に準じています。

享年:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


十三詣り

十三詣り(十三参り)は、知恵を授かるようにと虚空蔵菩薩にお参りする行事です。

「数え年」で13歳の旧暦3月13日に行われます。

虚空蔵菩薩は弘法大師空海に知恵を授けたという伝説があります。

数え年の13歳は、生まれ年の十二支が一巡し新たな周期に入る頃になります。

十三詣り:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


伝統行事が数え年の理由

日本における旧暦である「太陰太陽暦」は、ひと月を月の満ち欠けで数えながらも二十四節気を基に季節とのズレが大きくなり過ぎないよう時々「閏月」を設ける暦です。

閏月があるので旧暦の一年は12ヶ月の年と13ヶ月の年があり長さがその都度異なります。

そうすると、閏月に生まれた場合は翌年の誕生日をいつにするかという問題が生じてしまい満年齢を用いることはできません。

そのため、旧暦時代は基本的に数え年であり、年齢によって行われる伝統行事の年齢は数え年を表しているのです。


数え年の年齢を加えるのはいつ?

現在、日本では数え年の年齢を加算するのは「新暦(グレゴリオ暦)1月1日」とされています。

中国では春節(旧暦1月1日)に「数え年」としての年齢を加えているようです。

日本でも地方や占いの流派などによっては、「旧暦1月1日」または「立春」に数え年の年齢を加えることもあるといいます。

立春とするのは簡便のためであって本来は旧暦の元日であるはずです。


立春は、グレゴリオ暦の2月3日、4日、5日頃になります。

立春から翌年の立春前日の節分までを図にしてみました。


旧暦1月1日はだいたい立春の近くにありますが、年によって多少変わります。

以下の記事で図解しているので良かったらご覧ください。

【図解】旧暦1月「睦月(むつき)」はいつ?《暦を描く》


【図解】新暦(太陽暦)と旧暦(太陰太陽暦)の対応《暦を描く》


ちなみに、グレゴリオ暦の1月1日は、二十四節気の小寒の4日ほど前になります。

図にすると以下の通りです。


✓ 「数え年」が廃止された韓国

2023年6月28日、韓国では満年齢統一法という法律が施行され「数え年」が廃止されたといいます。

満年齢での表記が義務付けとなり、国民は1歳〜2歳若返ったなんていうニュースがありましたね。

これは今までは、1月1日生まれは生まれた日に1歳になり翌年の年明けに2歳、12月31日生まれは生まれた日のみが1歳で翌日には2歳になっていました。

それが今回の施行で1歳が0歳になったり、2歳が0歳になったりするので若返ったように思えるとのことです。


ちなみに、韓国ではこれまで一般的に数え年が浸透していましたが、満年齢やその他の年齢の数え方も用いられていました。

以下の3通りの年齢の数え方があったそうです。

①生まれた時点を0歳とし、その後誕生日が来る毎に1歳ずつ年齢を加える数え方(満年齢)

②生まれた時点を1歳とし、1月1日に1歳ずつ年齢を加える数え方(数え年)

③生まれた時点を0歳とし、1月1日に1歳ずつ年齢を加える数え方

③は、日本では馴染みのない考え方です。

年齢の数え方にはいろいろあるんですね。



このブログでは、「暦と思想、占いのしくみ」に関する記事を投稿しています。

ご興味のある方は、記事下のラベルまたはサイドバーのリンク等から関連記事をご覧いただけると幸いです。


すべての記事はこちらです。


最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

今日も良い一日をお過ごしください。

◎ 人気記事ランキング トップ10(月間) ◎

2024年|参宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

【図解】旧暦1月「睦月(むつき)」はいつ?《旧暦を描く》

【図解】西暦から年の「干支」を求める、その計算方法とは?

2024年|虚宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

2024年|女宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

2024年|翼宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

2024年|柳宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

2024年|胃宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

2024年|角宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

【図解】新暦(太陽暦)と旧暦(太陰太陽暦)の対応《暦を描く》