1967年の太陰暦|太陰太陽暦(旧暦)と純粋太陰暦〜ラマダン月はいつ?

イメージ
太陰暦 太陰暦とは、月の満ち欠けの周期(朔望月)でひと月を数える暦です。 太陰とは月のことであり、太陰太陽暦と純粋太陰暦という2つの月の暦があります。 太陰太陽暦は、日本では旧暦と呼ばれている暦です。 純粋太陰暦は、主にヒジュラ暦(イスラム暦)を指します。 以下は、1967年における2つの太陰暦の各月を図解したものです。 左が太陰太陽暦、右が純粋太陰暦です。 太陰太陽暦と純粋太陰暦 太陰暦は、1朔望月(約29.5日)でひと月を数えますが、太陰太陽暦と純粋太陰暦の最も大きな違いは閏月を設けるか設けないかになります。 太陰太陽暦は、約3年に1回(19年に7回)閏月を設けて季節とのズレを調整します。 ※1967年は、閏月が設けられていない年です。 一方、純粋太陰暦は閏月を設けずに12ヶ月を繰り返していきます。 1太陰年は1太陽年よりも約11日短いため、その分徐々に季節とズレていき約33年経つと同じ季節に戻ります。 ※1太陽年=約365.242189日 ※1太陰年=約354日(約29.5日×12ヶ月) ラマダン月はいつ? ヒジュラ暦の第9月は、ラマダン月(断食月)です。 1967年における2つの太陰暦を見ると、旧暦の11月がヒジュラ暦の第9月にあたることがわかります。 1967年の旧暦11月は、手元の万年暦では「(12月12日)〜1月10日」「12月2日〜12月30日」と記載されています。 しかし、旧暦では29日の小の月と30日の大の月は毎回順序が異なるのに対し、ヒジュラ暦では概ね交互になっています。 また、ヒジュラ暦の1日は日没から始まり、目視により細い三日月を観測することによってラマダンが開始されるため地域によっては1日〜2日程度の誤差が生じる場合もあります。 そのため、両者の日付は完全には一致しないかもしれませんが同じ朔望月であると言えます。 旧暦と和風月名 旧暦の11月は、和風月名では霜月と呼ばれています。 このような呼び名(月の異称)は、明治の改暦以降、新暦(グレゴリオ暦)に対してもそのまま使われるようになりました。 しかし、新暦の11月と旧暦の11月では季節にズレがあります。 上の図の旧暦の月の内側に、おおよそのグレゴリオ暦(太陽暦)の範囲を表示していますので新暦と旧暦のズレを確認してみてください。 ちなみに、グレゴリオ暦の元日は毎年二十四節気の小寒の約5日前か

【図解】曜日の順序の一説「プラネタリー・アワー」とは?

曜日の順序

週の起点は、一般的には月曜日または日曜日、国によってはその他の曜日である場合もありますが、いずれにしても曜日が現在のような「月火水木金土日…」という順序で繰り返されるようになった起源は不明とされています。

ただ、一説にはカルディアンオーダーとプラネタリーアワーによって説明できるとも言われています。

今回は、プラネタリーアワーを図解してみました。

下の図は、土曜日の日の出の直後に「土星の時間」が始まり、次いで「木星の時間」→「火星の時間」→「太陽の時間」→「金星の時間」→「水星の時間」→「月の時間」のようにカルディアンオーダーに従って24の時間帯に配置されたプラネタリーアワーを表しています。

このようにしていくと翌日の日の出直後は「太陽の時間」なので日曜日、その翌日の日の出直後は「月の時間」なので月曜日ということになります。

現在の曜日の順序は、このようにして得ることができるということです。


プラネタリーアワー(惑星時間)


カルディアンオーダー

天動説の時代には、5つの惑星(水星、金星、火星、木星、土星)と太陽と月を合わせた7つの天体を『惑星』と呼んでいました。

一週間が7日である理由は、この7つの惑星に由来すると言われています。

この7つの惑星は、天動説の概念図では地球から遠い順に「土星→木星→火星→太陽→金星→水星→月」と並ぶことになります。

このように並べられた順序のことを「カルディアン・オーダー」と言います。

1年を12ヶ月としたのは天文学に詳しいカルデア人(バビロニア人)と言われており、カレンダーの語源にも関係しています。

曜日のはじまりは、バビロニア説が有力ではありますがとても古いものなので確かな起源は不明とされています。


プラネタリーアワー

プラネタリーアワー(惑星時間)とは、カルディアンオーダーに従って7つの惑星(土星、木星、火星、太陽、金星、水星、月)が順に司るとされる24の時間帯のことです。

1つの惑星が司る範囲は約1時間となりますが、その範囲は日の出から日没までの昼の時間帯と日没から日の出までの夜の時間帯をそれぞれ12分割する不定時法によって割り出されます。

不定時法では、季節によって昼と夜の長さは不均等であり場所によっても日の出と日の入り(日没)の時刻は異なります。

そのため、正確なプラネタリーアワーを割り出すのは少し大変ですが、冒頭の図をおおよその目安として参考にしていただければ幸いです。

ちなみに、プラネタリーアワーは、西洋占星術の中でも特に古典占星術(伝統的占星術)やホラリー占星術で用いられることがあります。


各曜日のプラネタリーアワー

各曜日ごとのプラネタリーアワーを図解しました。

前述の通り、正確な時間帯は不定時法によるため各自で算出しなければなりませんが、よかったら各曜日ごとのおおよそのプラネタリーアワーを参考にしてください。

【図解】土曜日のプラネタリーアワー|土曜日の日の出から「土星の時間」が始まる!?


【図解】木曜日のプラネタリーアワー|木曜日の日の出から「木星の時間」が始まる!?


【図解】火曜日のプラネタリーアワー|火曜日の日の出から「火星の時間」が始まる!?


【図解】日曜日のプラネタリーアワー|日曜日の日の出から「太陽の時間」が始まる!?


【図解】金曜日のプラネタリーアワー|金曜日の日の出から「金星の時間」が始まる!?


【図解】水曜日のプラネタリーアワー|水曜日の日の出から「水星の時間」が始まる!?


【図解】月曜日のプラネタリーアワー|月曜日の日の出から「月の時間」が始まる!?


曜日を用いる占い

曜日を重要視する占いの代表的なものに「宿曜占星術」があります。

曜日を調べることで、宿曜占星術のしくみをさらに知ることができます。

【図解】宿曜占星術|六害宿を調べる方法とは?《まとめ》


あなたは、自分の生まれた日の曜日をご存知ですか?

ネット上にも曜日を算出してくれるWebサイトは多くありますね。

よろしければ、以下の記事も参考にしてみていただけると嬉しいです。

【図解】生まれ日の曜日がわかる!あなたは何曜日生まれ?《リンク集》


関連記事

【図解】曜日の順序|七曜とは?曜日が日本に伝わったのはいつ?


あなたの生まれ年の暦|新暦と旧暦の対応《リンク集》


このブログでは、暦と占いに関する記事を投稿しています。

ご興味のある方は、記事下のラベルまたはサイドバーのリンク等から関連記事をご覧いただければ幸いです。

すべての記事はこちらです。


最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

今日も良い一日をお過ごしください。

◎ 人気記事ランキング トップ10 ◎

【図解】西暦から年の「干支」を求める、その計算方法とは?

【図解】宿曜「婁宿」|27宿と28宿の違いとは?

【図解】宿曜占星術「本命宿」を求める方法《月宿傍通暦》

【図解】宿曜28宿|曜日と日支でわかる!|二十八宿の求め方とは?

2024年|井宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

2024年|壁宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

2024年|亢宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

1968年(昭和43年)の毎日の干支《四柱推命用》

【図解】太陰暦|2025年のラマダン月はいつ?《暦を描く》