【図解】午後4時と二十四節気「処暑」は、申の真ん中

処暑

「処暑」は、二十四節気の一つです。

二十四節気とは、一年を太陽黄経によって24等分しそれぞれに季節の名を付けたもので、太陽黄経150度の時を「処暑」といいます。

処暑は毎年8月23日頃で、その日を指すとともに、次の節気である「白露」前日までの約15日間の期間も指しています。


処暑になると、少し日の入りが早まってきたと感じられます。

日中はまだまだ暑いですが、朝夕には秋の気配を感じる涼しい風が吹く頃です。

残暑見舞いは立秋から処暑までに出すと良いと言われています。


二十四節気と十二支

二十四節気の「正節から次の正節前日までの期間」は、干支暦におけるひと月にあたり十二支で表されます。

「立秋から白露前日までの期間」は「申月」であり、処暑は申月の中気です。


参考:【図解】二十四節気の「正節」と「中気」とは?


二十四時間と十二支

十二支は、年月日時のすべてに割り当てられています。

一年は12ヶ月であるように、一日は12刻で表されます。

一刻は2時間であり、15時から17時までの間は「申の刻」です。

申刻の真ん中16時です。


処暑と16時の関係とは?

地球における太陽の影響を表す指標として、12ヶ月と12刻は同じ十二支で表されます。

二十四節気の「処暑」と時刻の16時午後四時)は、十二支で表すと同じ「申の真ん中」にあたります。

図にすると以下の通りです。




✓ 16時と言えば♪


尾崎豊 Bow!/新宿ルイード 1984.3.15

https://www.youtube.com/watch?v=kCQpYaVOq4I



motorpool『Cloudy』Official Music Video

https://www.youtube.com/watch?v=ugcuVEWmGeI



✓ 関連記事

「時刻と二十四節気の十二支における関係」については全部で24記事あります。

よろしければ、他の記事も合わせてご覧ください。


【図解】正子と二十四節気「冬至」は、子の真ん中


【図解】午前1時と二十四節気「小寒」は、丑のはじまり


【図解】午前2時と二十四節気「大寒」は、丑の真ん中


【図解】午前3時と二十四節気「立春」は、寅のはじまり


【図解】午前4時と二十四節気「雨水」は、寅の真ん中


【図解】午前5時と二十四節気「啓蟄」は、卯のはじまり


【図解】午前6時と二十四節気「春分」は、卯の真ん中


【図解】午前7時と二十四節気「清明」は、辰のはじまり


【図解】午前8時と二十四節気「穀雨」は、辰の真ん中


【図解】午前9時と二十四節気「立夏」は、巳のはじまり


【図解】午前10時と二十四節気「小満」は、巳の真ん中


【図解】午前11時と二十四節気「芒種」は、午のはじまり


【図解】正午と二十四節気「夏至」は、午の真ん中


【図解】午後1時と二十四節気「小暑」は、未のはじまり


【図解】午後2時と二十四節気「大暑」は、未の真ん中


【図解】午後3時と二十四節気「立秋」は、申のはじまり


【図解】午後5時と二十四節気「白露」は、酉のはじまり


【図解】午後6時と二十四節気「秋分」は、酉の真ん中


【図解】午後7時と二十四節気「寒露」は、戌のはじまり


【図解】午後8時と二十四節気「霜降」は、戌の真ん中


【図解】午後9時と二十四節気「立冬」は、亥のはじまり


【図解】午後10時と二十四節気「小雪」は、亥の真ん中


【図解】午後11時と二十四節気「大雪」は、子のはじまり



このブログでは、「暦と思想、占いのしくみ」に関する記事を投稿しています。

ご興味のある方は、記事下のラベルまたはサイドバーのリンク等から関連記事をご覧いただければ幸いです。


すべての記事一覧はこちらです。


最後までお読みいただきまして、どうもありがとうございました。

今日も良い一日をお過ごしください。

◎ 人気記事ランキング トップ10 ◎

【図解】西暦から年の「干支」を求める、その計算方法とは?

【図解】1965年(昭和40年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜

【図解】宿曜占星術|あなたは七曜陵逼生まれ?《凌犯期間》

【図解】宿曜占星術「本命宿」を求める方法《月宿傍通暦》

1969年(昭和44年)の毎日の干支《四柱推命用》

2025年|昴宿生まれの六害宿はいつ?《宿曜占星術》

1972年(昭和47年)の毎日の干支《四柱推命用》

1968年(昭和43年)の毎日の干支《四柱推命用》

【図解】太陰暦|2026年のラマダン月はいつ?《暦を描く》

【図解】1961年(昭和36年)生まれ|干支・命式・九星・年齢・旧暦・宿曜